世界各国のイベント紹介・参加ノウハウ・こぼれ話

ノルウェージャンエアシャトル(ノルウェー航空)搭乗記 ニース→ドバイ編

さて、いよいよ後半戦。南仏から中東ドバイに向かいます。

しかし、移動に関して懸念事項が一つ。

妹次郎が、車上荒らしの際にプライオリティパスを盗まれているのです…orz

ドバイまではLCCのノルウェー・エアシャトル(Norwegian Air)を利用しますので、プライオリティパスがないとラウンジが利用できません。遅延対策で、ストックホルムアーランダ空港で7時間20分の乗り継ぎ時間を予定している為、ラウンジが使えないのは辛い…

これがもしスカイチーム所属の航空会社利用なら、デルタカードで上級会員になってる私の連れということで同伴できたのですが…orz

でも、事前情報でカードラウンジ(アメックスゴールドレベルでも可?)があるかも、とのことだったので、そこに期待してみることにします。行ってみればわかるやろ!(フラグ)

ニースの空港では、やはりプライオリティパスがないとラウンジには入れませんでした。ぱいそんさん、魔公子さんの飲んだくれ2人をラウンジに送り出して、私は妹次郎にお付き合いして搭乗口にて待ちます。
さらばコートダジュール!
ノルウェージャンの尻尾。

機内は、まあ普通にLCC。日本のよりは少し広いかな?むっちゃ陽気に機内販売を誘ってくるけど、とりあえずノーサンキューしておきます。ストックホルムまでは3時間のフライト。

ちなみに日本で発券したEチケットに預け荷物(別料金)は20キロと書いてて直前にびっくりしたのですが、購入時にアプリに表示されるのは23キロで、実際に23キロ預けることができました。預け荷物があるなら、チケット購入時に一緒に買っておいた方がいいです。直前や当日に買うと倍額以上になりますので…

購入上限は多分23キロ×2、(それ以上は購入方法がわからなかった)機内持ち込みはすべて合わせて8キロまで(これは多分席種類による)です。

見えてきました。ストックホルム!

特に遅れもなく、アーランダ空港に到着!

さて、目指すはインターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ。

アメックスのラウンジは2種類あって、有名なアメックス・センチュリオン・ラウンジはプラチナ以上でのみ利用可能なのですが、ここアーランダ空港にあるアメックスラウンジは、日本発行ならゴールド級のカードでも入れるかもしれない(ラウンジによって違うので要確認)との事前情報を得ていました。なんでも、日本発行のカードは年会費が高いので、OKしてくれるラウンジもあるのだとか。ダメなら最悪、プライオリティパス使えるラウンジで、料金を払って利用すればいいかなーとも。

でもまあ、ラウンジを探す前に乗り継ぎしないとですね。出国審査(ユーロ内なのでニース→ストックホルムは国内線扱いなのです)をして、荷物検査…ゲートを出た先には..あれ?

姉太郎
姉太郎

あれあれ?なんか、ここのターミナル、搭乗口しかない??

ぱいそんさん
ぱいそんさん

ラウンジない。しかも、出られない!!戻れない!

…そう。このターミナル5は、パスポートチェックを受けたら最後、その先の国際線搭乗口側にはラウンジは無く、戻ることもできないのです。ガーン!!

アジア圏の人間なので、国内線→国際線の乗り継ぎなら国際線側にいったほうが大きいと思いがちですが、よくよく考えるとヨーロッパ各国はシェンゲン協定で全て国内線扱いなわけだし、利用者も便も断然そっちが多いのでしょうね。
それにしても、国際線搭乗口近辺に一つもラウンジがないとは…

航空会社カウンターが一つだけ開いていたので、そこで外に出られないかを聞いてみることに。
カウンターに輝くのは、中国国際航空(スターアライアンス所属)の文字。

ぱいそんさん
ぱいそんさん

あー…
これ期待できないやろ(経験則)

姉太郎
姉太郎

ま…まあ、ダメもとで聞いてみよう

魔公子さんに頼んで、英語で事情を説明してもらいます。

答えは「特別にあの出口から出してあげる。航空券を出して。」

え?ちょっと期待していいやつ???
ノルウェージャンのチケットを見せてみます。

(鼻で笑って)「スターアライアンスじゃないから駄目ね」

姉太郎
姉太郎

くっそぉおお!またちょっと期待してしまったー!

これが日本だったら、空港に働いているどこの誰に言っても道案内なり、担当窓口への案内なり、どうにもできない事ならせめて同情でもしてくれるでしょうが、海外ではそう甘くありません。

ぱいそんさん
ぱいそんさん

特に、中国国際航空に親切になんてしてもらえるわけない(経験則)

仕方ないからあきらめてここで過ごすことに決め、改めて周囲を見て回ることにしました。

売店や小さな飲食店はあるのですが、物価があり得ないほど高い。売店で売っているペットボトルの水やポテチは一個500円オーバー。2個買い割引きで700円くらい。サンドイッチは1800円くらいする。本当にありえない。こんなところで7時間半…しかも、次もLCCなので水も機内食もでない…orz…

でも、ニースでもラウンジに入れなくて朝から食べてなかったので、とりあえずお昼は1800円くらいの超高級サンドイッチと二本で700円くらいの高級水を購入。妹次郎と半分こ。うう…高い。美味しいんだけどね。

23時代のフライトなので、夕飯も何か調達するべきなのですが、夕方にお店をブラブラ見て回るも、貧乏性がどうにも買うのを許してくれないのです。しょーがない。夕飯は諦めて飛行機に乗ったらさっさと寝よ。こういう空港では、ラウンジのありがたみを痛切に感じるなあ…(T . T)

姉太郎
姉太郎

魔公子さん、ラウンジで北欧ビール飲めなくて残念でしたね。

魔公子さん
魔公子さん

あはは。 まあ、今日くらい我慢できますよ。南仏で散々飲みましたし、朝もラウンジで飲んだし。そろそろ肝臓を休めてもいい頃かなあ。

ぱいそんさん
ぱいそんさん

へー ふーん?

幸い、座るところと充電スポットはいっぱいあるし、だーれもいないので、色紙描き描き。

集中はできる環境…かなぁ。なんか切ないけど。

ちなみに魔公子さんは、案の定ぱいそんさんのあの手この手の精神攻撃に負けて
あえなく散財しました。↓

写真で見るとおつまみ大きく見えるけど、焼き鳥くらいのサイズでしたw
ぱいそんさん
ぱいそんさん

ざまぁw

姉太郎
姉太郎

ぱいそんさんは禁酒したのにーw

……。

魔公子さん
魔公子さん

そんなこんなしていたら搭乗時間。自販機で高い水を買って機内へ。
お腹もすいたし寝るしかない。Zzzz…

目覚めると、眼下には砂漠。お!おおー!! テンション上がった!

定刻通り、ドバイ到着!

早速朝ごはん。
ドバイ空港内でお惣菜や果物を売っているお店を発見して色々購入。中東の食事ってどうなのかな?と思ってたけど、材料が新鮮で上質なので何を食べても美味しい(^-^)そして結構安い。物価高いものと思ってたけど、食料品は日本よりちょっと安いかも?

余談。

↓その時の魔公子さんのツイート

またお酒のこと言ってる(^-^)

これから基本禁酒のイスラム教圏で過ごすのに、大丈夫なのかなあ?

最新情報をチェックしよう!
>委託ショップ情報はこちらから↓

委託ショップ情報はこちらから↓

すなめりドリル・悶KIDのグッズは各オタクショップで通販していただいています!