世界各国のイベント紹介・参加ノウハウ・こぼれ話

202003中東コミコンアフター観光。ドバイからアブダビへ!

中東コミコンを終えて、あとは観光!
翌朝はアブダビに向かいます。

↓この高級車で1時間弱の旅!最高!
(なぜこんな車で行くことになったかは前記事を参照してください)

運転手のお兄さんが車窓から見えるものを全部ガイドしてくれるから、アトラクションみたいで楽しかった!
本当にあっという間に目的地到着です。

本日のホテル、シェラトン・アブダビ・ホテル&リゾート!
素焼きっぽい色が可愛い(^▽^)

マリオットボンヴォイ参加ホテルは、公式で買った値段より安い値段を他のサイトでみつけた場合、安い方のお値段同額にまで下げたその客室料金からさらに25%の割引または5,000ポイントのMarriott Bonvoy ポイントのいずれかをもらえます。(ベストレート保障)

今回、このホテルはそれを適用しまして…
なんと7990円+税(2人分)に!
さらにポイントバックがマリオット(1103)+アメックス(288)各々から
入ります。
1ポイント1円バックと考えると手出し実質6599円…!
驚異のリゾートホテル1泊一人当たり3300円!!!安い!

小さめのロビーですが、エキゾチックでハイセンス。居心地がすごくいいです。

荷物を預けにフロントへ。
チェックインできるならお部屋に持って上がりたいけど
まだ昼前だから、さすがに無理かなー?

アラベスク文様がお洒落なフロント

あ、そうそう。コレコレ。
フロントのお兄さんに満面の笑顔で「プラチナエリート」表記が輝くアプリ画面を提示します。待ち望んでいた瞬間!
すると…

「ようこそいらっしゃいました。プラチナ会員様ですね。
お部屋の準備に少々時間がかかりますので、2階ラウンジで軽食を取りながらお待ちくださいませ」

やったぁああああ!くぅぅぅう! 
なったんや!プラチナ会員になったんやー!
ホテルラウンジに入れる身分になったんやー!

この2階部分がラウンジになっています。

さあ、いよいよ人生初のホテルラウンジへ!

ラウンジはこんな感じ。奥にはソファー席も!
ケーキ!甘いの苦手!(でもなぜか見ると食べてみたくなる)

ラウンジでお茶しながらのチェックイン待ちです。
ラウンジにはサンドイッチ等の軽食もあるし、高そうなチーズも塊で好きなだけカットして食べられるし、ケーキもフルーツもあります。
コーヒーも紅茶も飲み放題。もちろん無料。最高!

ラウンジ満喫ですっかりくつろいで待つこと1時間。
お部屋の用意ができたとのことで、フロントの方がカードキーを持ってきてくれました。

ああ、これがプラチナ会員かあー…。

せっかくなので観光前にお部屋をチェックしにいってみます。

相変わらず写真撮るのが下手で広さが全く伝わりませんねw
見えてないですが左側に大きな浴室とクローゼットがあります奥が寝室。
なんてかわいいインテリア…!住みたい!
アラベスク文様のタイル。浴室全体の色合いも素敵です。
ここもお風呂とシャワー別々。シャワーだけで済ませたい時とか便利!

うん、うん、お値段以上!(数倍)大満足です。

お部屋を確認したらまたラウンジへ。
お昼ご飯をここでいただき、冷蔵庫からミネラルウォーターをもらってから観光へ行きます。

まずは、シェイクザイード・グランドモスクへ!

ここはアラブ首長国連邦でもっとも大きなモスクです。
大きさ、美しさ、建設に関わった人の数、すべて世界最高峰!
こんな素敵な場所なのに入場料は無料です(重要)
神聖な場所なので、見学の際は女性の場合ヒジャブを着用する必要があります。
ですが、これも無料で貸してくれます!太っ腹!

姉太郎
姉太郎

お金持ちの国の余裕を感じますねー

とにかく荘厳!そして大きい!
アブダビの青空に白い大理石がとても映えます。
隅々まで綺麗に手入れされた神域。
大きすぎて全体が映らないのでパノラマで撮ってみました。
観光客は立ち入り区画が決まっているので、人ごみに影響されずきれいな写真を撮れます。

コロナの影響で見学客は少なかったようです。
おかげで自由に内部を散策できました。

イスラム教信徒以外にもこんな美しい場所を解放してくださるなんて…
しかも、隅々まで手入れされていて床も庭もトイレに至るまでピカピカに磨き上げられているんです!

白一色に見えて、異素材がすごくセンス良く配置されているんですよね
写真下手で伝わらないけど、角度によって見える「白」が違います
現地でみると本当に綺麗なんですよ!伝われー。
内部も絶妙な色遣いと繊細な仕事、そして最高の配置センス!

イスラム教スンニ派では人物を描くことを禁じているため、イスラム美術は植物(たまに動物)の形を表現したものが多いです。

動物や人を描いたり、彫像を作ることは、魂を吹き込んで、生物を”創造”している行為とみなされる。人間は神アラーの一創造物にしかすぎず、そんな存在が神の創造を真似するなんておこがましいということだそう。

神ではなく銅像や人物画を崇拝の対象にしてしまうこともNGです。
絶対的な唯一神を差し置いて、人なんかが作ったものを祀りありがたがる
なんて愚かだということですね。
神像や宗教画が多く作られ、それらを祀り上げる他宗教と全く違います。

姉太郎
姉太郎

しかし、そういう事を知ってしまえばアニメ漫画ゲームは宗教的に大丈夫?とか色々心配してしまいます。
人の創造物に一喜一憂しておもいっきり崇拝する
私達オタクは完全アウトな予感(;^_^A

シーア派はムハンマドを除けば描くことはOKとのことなので、同人活動をされているイスラム教徒の方々はシーア派なのかな?

アラベスク文様は、花や蔦が表現されていますが、よーく見ると決まったパターンの曲線の超集合体だったりします。

コンパスを手に入れた小学生が、曲線組み合わせていろんな絵を描いたりしますが(やりませんでした?) それを芸術の域にまで高めた最高峰。
見てると「この径の曲線はこの角度のこの間隔でパターンになってる!」「このパターンの組み合わせでこんな自然な蔦が描けるんだ!」とわくわくします。

しかもそれにとんでもなく繊細な配色と素材配置で空間が作られているものだから、何時間見ていても飽きません。

正直、建築物や美術品にあまり興味のない(どちらかというと自然物が好き)な私ですが、中東ではあらゆるものに心を掴まれっぱなしです。

シャンデリア一つとっても美しすぎる
ガラス1枚とっても驚きの美しさ。
なんて綺麗な加工なんだろう。
祈祷室。有名な場所で皆写真撮りまくってる。
でも個人的にはここはイマイチに思えたので早々に退場。
お部屋は素晴らしいけど毒キノコみたいなシャンデリアだよね(酷い感想)
本当に素晴らしい場所でした。いつかまた来たいなぁ…。

さてさて、満喫したところで次の場所へ移動します。

総工費約30億ドル!元宮殿の豪華絢爛5つ星ホテル(自称7つ星)
エミレーツ・パレスです。

色々な映画やドラマの撮影現場としても有名ですね

宿泊客ではないのですが、普通にホテル内でお茶したり食事をすることは可能。

ホテル内では、とてもゴージャスな傷ひとつないインテリアでくつろぐこともできます。

こーんな最高の空間が普通に何か所もあって自由に使えるロビー。
とりあえず、写真撮るよねー。
天井は金箔貼りでゴージャス!でもとても上品な使い方です。
ホテルの中庭側。庭園やレストランのテラス、プライベートビーチがあります。
レストラン側の回廊。さぞかしインスタ映えしまくることでしょう。
プライベートビーチにもレストランがあります。
雰囲気よすぎー! ここでお茶することにします。
私はノンアルコールカクテル(スナック付き1600円くらい)。
右は妹次郎が頼んだホテル名物金粉カプチーノ(2200円くらい)
リッチなお値段!
だけどこのお値段だけでこのホテルでの時間を過ごせたことを
考えるなら安すぎるくらいかも。
夕日のプライベートビーチ。明日行く予定の大統領官邸のシルエットが…
ホテル前にはエティハドタワーズという高級ホテルビル群!

さて。夕焼けを満喫したところで急いでシェラトンへ戻ります。

なぜなら、イスラム教圏のアブダビではラウンジでのお酒の提供は18時~20時までと決まっているから。
初ラウンジだもんね。お酒の時間も行ってみないと!

姉太郎
姉太郎

リッチな国を訪問してるのに、拭い去れない貧乏根性

この時間は、オードブルなどの料理も並びます。もちろん食べ放題。
どれも美味しく、十分夕食になるクオリティでした。
これ全部無料だからねー。プラチナ修行してよかった!
情報提供してくださったブロガーの皆様に感謝していただきます!

野菜たっぷりで嬉しいラインナップ。味もホテルクオリティです!
サラダ色々。新鮮でおいしい物ばかり
カルボナーラ風のショートパスタも。
揚げたてサモサ。スパイシーで美味しい!
ランブータンとバナナ。ランブータン大好き!
ブルーチーズがむっちゃ美味しかった!!来るたび食べてたw
サルサコーナー。おつまみですね。
乾杯!私はお酒飲めないのでアップルジュースですがw

他メンバーはガンガン飲んでました。ビールにワイン。
飲み終わったらスタッフさんがぐいぐい次を勧めてきてくれて、頼むと席まで持ってきてくれます。

えー…いいのかなぁこんなに良くしていただいて…
宿泊費3300円しか払ってないのに。

こういうの知ってるか知らないかで旅の予算大幅に変わるよね。
本当にプラチナチャレンジしてよかったー(^▽^)。

マリオットボンヴォイの上級会員修行については↓記事で軽く触れてます。
そこまで詳しく解説してないので、興味のある人は「マリオット プラチナチャレンジ」で検索してみてくださいね。

飲んで食べて午後20時。再びグランドモスクへ!
夜のモスクを見に行くのです!

遠目にもわかるライトアップの美しさにテンションが上がります!
入り口も幻想的にライトアップされています
昼にまた来たいとか言ってましたが… …また来ちゃった(はぁと)

ああ美しい…!
しかし、22時に閉まりますのでぼーっと見惚れるわけにはいきません。
足早に見学します。

浮き出るレリーフの影と、色合いの美しさに絶句します。
内部は清廉な白の世界。くりぬき窓の奥に夜色のモスク。
ライトアップは同じ色でずっと照らしているのですが、
不思議と移動するたびに色合いが変わっていくんです。大理石の反射?
いつまでも見ていられる美しさです。
廊下の内側から見ると深い蒼の神殿に。
角度が違うだけで色合いも雰囲気も変わります。
祈祷室。ここは夜の方が絶対素敵だと思う。昼間毒キノコなんて言ってごめんなさい…!
足洗い場。こんなところまでぬかりなく美しいなんて…!
情け容赦なくタイムアップです。あーもうちょっと見たかったー!
追い出されるように帰路へ。
…ああ、いつかまた来たいなぁ(8時間ぶり2度目)

これにて1日目の観光終了!
あとはシェラトンホテルに帰って、可愛いお部屋の広ーいお風呂に入ってふっかふかのベッドで就寝。
本当に良い1日だったなぁ(^▽^)

最新情報をチェックしよう!
>委託ショップ情報はこちらから↓

委託ショップ情報はこちらから↓

すなめりドリル・悶KIDのグッズは各オタクショップで通販していただいています!